女性の薄毛・抜け毛ガイド

HOME >>  女性の薄毛・抜け毛 > 女性の薄毛は女性ホルモンが関係

女性の薄毛・抜け毛ガイド

女性の薄毛は女性ホルモンが関係

最近では薄毛は男性だけの問題ではなく、女性にも多く見られる髪の悩みとなっています。
若い女性にも薄毛の悩みを持つ人が増えており、これは繰り返し行うカラーリングやパーマの影響と言われています。またカラーリング等を始める年齢がどんどん低年齢化していき、今や10代にも薄毛の悩みは広がっています。

さらに40代以降のなると、薄毛はこういった原因にプラスして、年齢とともに減っていくエストロゲンという女性ホルモンが影響が関係してきます。エストロゲンは髪を発達させ髪の成長期としての期間を長く保つ役割を担っているのです。エストロゲンが減少することで髪の成長期が短くなり、休止期にある髪が多くなっていくことによって薄毛となっていくのです。

エストロゲンは28歳をピークに減少し始め、40代になると殆ど分泌されなくなります。その為に1つの毛根から生える髪の量が少なくなったり髪の毛自体が細くなっていくのです。女性の薄毛の多いのは頭頂部から薄くなっていくタイプや髪の分け目が薄くなっていくタイプです。自分ではあまり目にすることのない部分ですが、合わせ鏡などでチェックをしてみて、薄くなっていると感じたらお手入れをする必要があるのです。

また薄毛全般に考えられるストレスも大きな要因も一つです。40代になると親の介護であったり家庭の問題等でストレスを過剰に受けることがあります。それが原因で薄毛になる女性は結構多いのです。まずは十分な睡眠でストレスを軽減しましょう。成長ホルモンは眠り始めて約3時間後から出始めると言われているために、最低でも6時間の睡眠をとることが髪の成長を促します。出来るだけ決まった時間に眠り決まった時間に起きるといった規則正しい生活をすることが成長ホルモンの促進に役立ち、育毛に効果があるのです。