女性の薄毛・抜け毛ガイド

HOME >>  女性の薄毛・抜け毛 > 40代になると見た目にも影響

女性の薄毛・抜け毛ガイド

40代になると見た目にも影響

女性の薄毛にはいくつかの理由があります。
ストレスや生活習慣のほか、ホルモンバランスの乱れも関係しますし、加齢によるものもあります。
これまでは市販の毛染めを使って髪を染めても問題なかったのに、突然、染めると髪の毛が薄くなった気がして動揺したという話もあります。

毎日触っている髪の毛ですから、何かあったら気づくようなものですが、意外と頭頂部や後頭部には目がいかないものです。
ブラシやくしで髪をとかしていても気づくのは抜け毛で、ちょっと多いかなと思うことはあっても、まさか自分が薄毛になるとは思わないでしょう。
女性の薄毛は、男性以上に体調に左右されることが多く、男性以上に気遣わなくてはならないのです。
特に、加齢による女性の薄毛は全員に当てはまります。

40代に入った途端、シャンプー時の抜け毛がひどい、自分が座っている椅子の周囲に髪の毛がたくさん落ちている、髪の分け目がくっきりして髪型を変えた、など目に見える症状が出てきます。
髪を染めている方は、市販の髪染めをしている時に、髪の毛が細くなった気がして次回から染めるのをやめた方もいるでしょう。
白髪染めの薬剤に耐えられないほど、髪の毛が細く、弱くなっているのです。
白髪染めは、髪の毛の表面に細かい傷をつけて内側に入り込み、色をつけていますが、若いころは影響がなくても40代に入って続けていると、傷んだ髪の毛のリカバリーができず、女性の薄毛となって残ってしまいます。

ストレスや生活習慣を見直すことも大切ですが、女性の場合は更年期障害などのホルモンバランスの乱れも影響して更に薄毛に拍車がかかってしまいます。
もし、抜け毛の量や薄毛が気になるようでしたら、薄毛治療のクリニックできちんと診察してもらうことをおすすめします。
早めの受診は、治療や予防、改善策にも早い効果が見込めます。