女性の薄毛・抜け毛ガイド

HOME >>  女性の薄毛・抜け毛 > レディースの薄毛対策は高い

女性の薄毛・抜け毛ガイド

レディースの薄毛対策は高い

女性も男性と違って薄毛に悩まされることは多々あります。
産後の大量脱毛による薄毛は一時的なものであるので除外としますが、まれに産後に育児や夫との関係でストレスが貯まりなかなか発毛しないパターンもあります。
女性の薄毛対策には男性のような育毛剤などの種類が豊富ではありません。商品自体がさっぱり系など短髪の男性向けであることが多いです。例えばシャンプーなどもさっぱり系のクールタイプが多いですね。

女性向けが高価で種類の豊富な男性向けのを選択肢に入れるとしても、クールタイプは女性向けではないのです。
女性の薄毛はホルモンのバランスが崩れていることが多いので女性ホルモンの豊富な大豆製品を摂るのが発毛への近道とされています。女性のデリケートな肌向けな育毛剤でもダメだった場合、あきらめてウィッグや部分かつらという手もあります。しかしながら、専門店での植毛や育毛、クリップタイプのかつらなどはかなり高価です。今ではケアグッツとしてノンシリコンの整髪剤がメジャーになっています。

ちょっと高価で具体的な薄毛対策ができないというのならば、自分の頭皮にあったノンシリコンシャンプーを見つけるのも良いのかもしれません。一般的にシャンプーに使われる一部製品が地肌に悪く、抜け毛を増やす要因とされます。薄毛は抜け毛をいかに減らし、発毛を促すかにかかっているので少しでも地肌に優しい商品を見つけ出すかにかかっています。そして正しい洗髪をするのが大事です。残留のシャンプーやコンディショナーは地肌には毒そのもの。きちんと洗い流すのが重要です。

また、女性向けの育毛トニックも販売されています。機会があれば購入するのも良いのですが、継続使用が前提です。ですので勝手に使用を止めたりして効果がなくなると不経済ですので、正しい使用方法で使いましょう。